マウスコンピューター 飯山工場見学

飯山工場見学実録!Part2(機能検査から負荷試験など)

投稿日:

2013年9月20日、飯山工場見学会へ参加(初)してきました!

マウスコンピューター主催の「飯山工場見学会」へ応募したところ抽選で選ばれて長野県の飯山まで行ってきました!(このブログは前回のマウスコンピューターBTOPCの生産・飯山工場見学実録!Part1 の続きになります。)

G-TUNEモンハン推奨デスクトップPC購入はこちらから

すぐ↑の画像はモニターの試験ルームの様子。2000時間など長期試験を行うところです。高温での試験も行います。マウスコンピューター飯山工場の社員の方々は、厳しい品質管理体制の中で、とても協力的に働いている印象でした。

ところで、

飯山工場は長野県にあります。飯山駅から車で出迎えて頂きました。

すぐ先には野沢温泉もあって綺麗な水と空気に恵まれた風光明媚な土地です。

千曲川を渡ったところに「マウスコンピューター飯山工場」があります。

上の画像は千曲川をJR飯山線から撮影(2013.9.20)

JR飯山駅構内遠目に、新幹線工事現場が見えます。(2013.9.20撮影)

そう!H24(2014)年末には新幹線が開通するのです!

美しい自然、冬でも夏でも温泉に入りたい放題の素晴らしい環境!

ここであの高性能なマシンが生産、開発、過酷な試験を繰り広げています!

職人技の組立が終了するとBIOS更新、機能検査へと進みます。

Par1ではデスクトップPCの組立シーン掲載しましたが、こちらはノートPCの組立です。

デスクトップの組立の時と同じようにバーコード管理されています。

バーコードで「ピッ」と読むとモニターには設計図が表示。

設計図面通りに組立作業を行うというシステムになってます。

微小なネジを使って見事な手さばきで組み立てていきます!

はっきり写してはダメなので、設計図はこんな感じです~。企業秘密です。

組立作業終了後、BIOS更新です。

OSをそれぞれ管理された伝票通りに設定していきます。

各種ソフトをインストールしてから負荷試験へ。

例えば、ソフトを全て立ち上げた時のPCの動作などのテストをします。

こちらを通過、無事合格した製品は梱包までの工程に進みます。

ピッキング②の作業から送付状印刷、梱包出荷へ。

今までの作業を終了したPCはいよいよ最終段階へと進みます。

私たちユーザーの元へ発送の準備です!

段ボールへPC本体以外の様々なパンフレットや備品を受注に応じて入れるための準備です。

ただ、段ボールへ入れればいいわけではなく、見落としのないようにピッキング②の工程を経ます。段ボールへ入れたらランプを消します。

すぐ↑の画像は、部品や備品を伝票に従って、仕分けして各部署へ運ぶ準備

BTOパソコンなので微妙に一つ一つが違うので厳重な管理システムで万全を期しているのがわかります。

ミスのないような様々な工夫がされていました。

すぐ↑の画像は最終検査(CQ)の様子です。

品質管理本部が設置されていました。

以上全ての工程が終了して梱包されますが、その前に必ず「開発部」のひとが最終テスト確認を行います。

ここで、問題が発生したPCが見つかると、各部署どこに問題があるかがたちまちわかるように一元で管理されているので、問題を早く解決、迅速な出荷へとなります。

いよいよ、出荷!届くまでが待ち遠しいです。しかし、、多くの工程を経ての出荷!徹底した管理です。

G-TUNEモンハン推奨デスクトップPC購入はこちらから

関連記事はマウスコンピューターBTOPCの生産・飯山工場見学実録!Part1 です。

-マウスコンピューター, 飯山工場見学

Copyright© デジタル休憩中.com , 2022 All Rights Reserved.